写真・図版 7月19日、トヨタ自動車は、中国の電気自動車(EV)メーカー、比亜迪股分有限公司(BYD)とEVを共同開発することで合意したと発表した。写真はジュネーブで3月撮影(2019年 ロイター/Denis Balibouse)

[PR]

 [東京 19日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は19日、中国の電気自動車(EV)メーカー、比亜迪股分有限公司(BYD)<002594.SZ><1211.HK>とEVを共同開発することで合意したと発表した。開発するEVの車種はセダンと低床のスポーツ多目的車(SUV)のタイプ。トヨタブランドで2020年代前半に中国市場への投入を目指す。開発車両などに搭載する電池の開発も共同で進める。

 トヨタはEVなど電動車の年間世界販売で2025年に550万台に増やす計画を表明しており、中国メーカーとの連携でEV戦略を推進する。

 17日には中国・寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>と新エネルギー車(NEV)用電池の供給・開発などで包括提携すると発表したばかり。

 トヨタは20年には中国でSUVの「C?HR」と「イゾア」のEVモデルを投入する予定。

 *内容を追加しました。