[PR]

 [香港 19日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は19日、 穏健な金融政策を維持すると同時に、金融リスクの抑制に向けカウンターシクリカル的な調整を適切に行っていく姿勢を示した。 

 人民銀はウェブサイトに掲載した報告書で、穏健な金融政策は引き締め的過ぎでも、緩和的過ぎでもあってはならないとのスタンスを改めて確認。広義のマネーサプライ(M2)、および社会支出の伸びが、名目国内総生産(GDP)の伸びと歩調を合わせるようにすることも確約した。

 また、発展促進とリスク抑制のバランスを保っていく姿勢も示した。

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)