[PR]

 [ワシントン 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日、歳出法案を巡る議会との協議で連邦債務上限を交渉材料に使う考えはないと言明した。 

 トランプ大統領は記者団に対し「債務上限を巡る問題が正しい方向に向かっていることを願う。債務上限を交渉の切り札にすることは想像もつかないし、誰もそのようなことはしないだろう」と語った。

 また、米国の格付けを脅かすべきではないと述べた。

 米財務省の最新の試算によると、政府資金は9月に底を付く可能性がある。[nL4N24D3F4]

 ペロシ下院議長は今週、債務上限引き上げに関する法案を25日までに提出したいという考えを示した。[nL4N24I3SQ]

 ムニューシン財務長官は前日、ムニューシン米財務長官は18日、向こう2会計年度の歳出規模を巡りトランプ政権と議会指導部が合意したとし、「今は埋め合わせや特定の構造問題に取り組んでおり、長期の債務上限引き上げもその一環だ」と語った。[nL4N24J3NJ]

 

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)