[PR]

 [ニューヨーク 19日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は19日、米ニューヨークで中銀会合のパネルに出席し、雇用を後押しする政策ツールとして財政支出の活用を提唱する経済哲学に反対する考えを示した。

 財政拡大論である「現代金融理論(MMT)」には「全く賛同できない」と述べた。経済・金融政策の先行きに関しての発言はなかった。

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)