[PR]

 [東京 20日 ロイター] - 日本証券業協会によると、7月末の外国投信残高は前月比1.5%増の5兆8101億5500万円だった。

 7月から運用を開始した投信は1本だった。

 なお、1年前(2018年7月末)の残高は5兆8362億6800万円。前年同月比では0.4%減となった。