写真・図版21日の米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価は240ドル値上がりして引けた。ニューヨーク証券取引所で7月撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[PR]

 [ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は240ドル値上がりして引けた。小売り企業の好決算に加え、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅利下げが討議されたことが議事要旨から判明し、買いが優勢となった。 

 この日は小売大手ターゲット<TGT.N>とホームセンター大手ロウズ<LOW.N>の決算が好調だったことで株価は堅調に推移。ターゲットは20.4%高、ロウズは10.4%高で取引を終えた。 

 米債券市場では先週、2年債利回りが10年債利回りを上回り、景気後退(リセッション)入りの前兆とされる長短金利の逆転が発生したものの、個人消費が堅調に推移していることで景気後退懸念は後退。この日の取引でも一時長短金利の逆転が見られたものの、先週とは異なり株価に対する影響はほとんどなかった。 

 TDアメリトレード(シカゴ)の首席市場ストラテジスト、JJ・キナハン氏は「仕事に就いていれば、消費する」とし、「現在のように雇用情勢が健全なら、信頼感が揺らぐことはない」と述べた。 

 FRBは7月30━31日のFOMCでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.00─2.25%に25ベーシスポイント(bp)引き下げることを決定。世界経済を巡る懸念のほか、国内インフレの低迷を理由として挙げたが、利下げサイクルの開始は示唆しなかった。この日に公表された同会合の議事要旨では、一段と積極的な利下げについて議論されていたことが判明すると同時に、追加緩和が続くような印象を与えないことでも一致したことが明らかになった。

 ただ7月のFOMC以降、トランプ大統領が対中関税第4弾を9月1日付で発動すると発表するなど、情勢は変化。市場関係者は、今回のFOMC議事要旨よりもパウエルFRB議長がワイオミング州ジャクソンホールで開かれる年次経済シンポジウムで23日に行う講演を重視する姿勢を示している。 

 パー・スターリング・キャピタル・マネジメント(テキサス州オースティン)のディレクター、ロバート・フィップス氏は「議事要旨には金利の先行きに関する情報はほとんど含まれていなかった」とし、「ジャクソンホール会合が対中関税第4弾発動の発表後、パウエル議長が見解を表明する初めての舞台となる」と述べた。 

 個別銘柄では高級住宅建設大手トール・ブラザーズ<TOL.N>が4.5%安。受注減が嫌気された。

 ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.51対1の比率で上回った。ナスダックは2.14対1で値上がり銘柄数が多かった。

 米取引所の合算出来高は56億8000万株。直近20営業日の平均は75万3000万株。

 

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 

 ダウ工業株30種 26202.73 +240.29 +0.93 26145.3 26268. 26141. <.DJI> 

 6 32 77 

 前営業日終値 25962.44 

 ナスダック総合 8020.21 +71.65 +0.90 8017.07 8036.9 7998.5 <.IXIC> 

 4 0 

 前営業日終値 7948.56 

 S&P総合500種 2924.43 +23.92 +0.82 2922.04 2928.7 2917.9 <.SPX> 

 3 1 

 前営業日終値 2900.51 

 ダウ輸送株20種 10107.47 +101.44 +1.01 <.DJT> 

 ダウ公共株15種 840.10 +5.65 +0.68 <.DJU> 

 フィラデルフィア半導体 1512.72 +13.82 +0.92 <.SOX> 

 VIX指数 15.86 -1.64 -9.37 <.VIX> 

 S&P一般消費財 942.92 +16.92 +1.83 <.SPLRCD> 

 S&P素材 354.60 +1.86 +0.53 <.SPLRCM> 

 S&P工業 630.30 +4.20 +0.67 <.SPLRCI> 

 S&P主要消費財 618.97 +2.12 +0.34 <.SPLRCS> 

 S&P金融 440.32 +2.00 +0.46 <.SPSY> 

 S&P不動産 240.24 +1.19 +0.50 <.SPLRCR> 

 S&Pエネルギー 427.08 +3.19 +0.75 <.SPNY> 

 S&Pヘルスケア 1054.96 +7.84 +0.75 <.SPXHC> 

 S&P通信サービス 165.64 +0.65 +0.40 <.SPLRCL> 

 S&P情報技術 1400.95 +16.33 +1.18 <.SPLRCT> 

 S&P公益事業 313.61 +2.10 +0.67 <.SPLRCU> 

 NYSE出来高 7.04億株 <.AD.N> 

 シカゴ日経先物9月限 ドル建て 20685 + 115 大阪比 <0#NK:> 

 シカゴ日経先物9月限 円建て 20685 + 115 大阪比 <0#NIY:>