写真・図版 米国株式市場は下落し、ダウ平均株価は159ドル安で取引を終えた。中国代表団が米モンタナ州の農家への視察を取りやめ、米中通商交渉への期待に水を差す格好となった(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[PR]

 [20日 ロイター] - 米国株式市場は下落し、ダウ平均株価は159ドル安で取引を終えた。中国代表団が米モンタナ州の農家への視察を取りやめ、米中通商交渉への期待に水を差す格好となった。

 モンタナ州当局によると、中国の代表団は来週予定していた同州の農家へ視察を中止。当初の予定よりも早く中国に帰国する見通しという。

 ベアードの市場ストラテジスト、ウィリー・デルウィッチ氏は「トランプ氏ではなく中国側が決断したという点で、やや気掛かりだ」と述べた。

 トランプ大統領は、中国との「全面的な」通商合意を望んでおり、中国による米農産品購入だけでは不十分と言明。「米国は完全な形での合意を求めており、部分的な合意ではない」とし「中国は先週、米農産物の購入を再開し、購入規模は非常に大きい。しかし、私が求めているのはより大きな合意だ」と語った。

 S&P総合500種指数<.SPX>は7月に付けた最高値に迫る勢いとなっている。

 業種別では11業種中8業種が下落。一般消費財株<.SPLRCD>や情報技術株<.SPLRCT>などが値下がりした。フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)<.SOX>は1.8%安。

 動画配信サービス大手ネットフリックス<NFLX.O>は5.5%安。へースティングス最高経営責任者(CEO)の発言からコスト増や他社との競争激化が浮き彫りになった。

 動画ストリーミング用機器メーカーのロク(Roku)<ROKU.O>は19.2%急落。ピボタル・リサーチが売り推奨でカバーを開始した。

 半導体のザイリンクス<XLNX.O>は6.8%安。フロレス最高財務責任者(CFO)が退任すると表明した。

 ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.01対1の比率で上回った。ナスダックは1.03対1で値下がり銘柄数が多かった。米取引所の合算出来高は98億株。直近20営業日の平均は71億株。

 

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 

 ダウ工業株30種 26935.07 -159.72 -0.59 27102.1 27194.7 26926.6 <.DJI> 

 8 5 8 

 前営業日終値 27094.79 

 ナスダック総合 8117.67 -65.21 -0.80 8184.88 8202.82 8086.16 <.IXIC> 

 前営業日終値 8182.88 

 S&P総合500種 2992.07 -14.72 -0.49 3008.42 3016.37 2984.68 <.SPX> 

 前営業日終値 3006.79 

 ダウ輸送株20種 10454.36 -49.86 -0.47 <.DJT> 

 ダウ公共株15種 862.90 +3.21 +0.37 <.DJU> 

 フィラデルフィア半導体 1563.00 -29.07 -1.83 <.SOX> 

 VIX指数 15.38 +1.33 +9.47 <.VIX> 

 S&P一般消費財 948.16 -11.20 -1.17 <.SPLRCD> 

 S&P素材 366.12 -0.60 -0.16 <.SPLRCM> 

 S&P工業 656.39 -4.33 -0.66 <.SPLRCI> 

 S&P主要消費財 618.90 -1.37 -0.22 <.SPLRCS> 

 S&P金融 466.96 -3.02 -0.64 <.SPSY> 

 S&P不動産 242.82 -0.80 -0.33 <.SPLRCR> 

 S&Pエネルギー 452.25 +0.36 +0.08 <.SPNY> 

 S&Pヘルスケア 1066.20 +6.39 +0.60 <.SPXHC> 

 S&P通信サービス 170.66 -0.79 -0.46 <.SPLRCL> 

 S&P情報技術 1410.34 -15.96 -1.12 <.SPLRCT> 

 S&P公益事業 324.08 +1.20 +0.37 <.SPLRCU> 

 NYSE出来高 27.92億株 <.AD.N> 

 シカゴ日経先物12月限 ドル建て 21830 - 80 大阪比 <0#NK:> 

 シカゴ日経先物12月限 円建て 21795 - 115 大阪比 <0#NIY:>