写真・図版 2月26日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルがほぼ変わらず。写真はドル紙幣(2020年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[PR]

 [ニューヨーク 26日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルがほぼ変わらず。この日は、上昇後に反転した米株市場の展開に連動した。

 終盤のドル指数<=USD>は0.073%高の99.083。S&P総合500種<.SPX>は午後に入り、新型コロナウイルスへの懸念でこの日の安値に沈んだ。

 新型ウイルス懸念で米国債が買われ、10年債利回り<US10YT=RR>が連日で過去最低を更新した。[nL3N2AQ4EK]

 ドルはレンジ取引となり、安全資産とされる円<JPY=>に対しては0.24%高の110.44円となった。

 BNPパリバの北米外為戦略部門トップ、ダニエル・カツィーブ氏は「金利や株式市場の展開を踏まえると、ドル/円は下向きの大きな動きが予想された」と指摘。ただ、それに抵抗する力があり、この日のドルは横ばいになったと分析し、その背景として今年のドル高の基調トレンドを挙げた。

 対ユーロ<EUR=>では0.03%安の1.0882ドル。

 市場では、米連邦準備理事会(FRB)が中国以外の新型ウイルス拡大に対応するため、より緩和的な姿勢を示すという観測が後退。これもドルを支援した。

 FRBのクラリダ副議長は前日、FRBは中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大を「緊密に注視」しているとしながらも、金融政策の変更の必要性について検討するのは時期尚早と述べた。[nL4N2AP1FL]

 ドル/円 NY終値 110.42/110.43 

 始値 110.47 

 高値 110.70 

 安値 110.19 

 ユーロ/ドル NY終値 1.0879/1.0883 

 始値 1.0883 

 高値 1.0908 

 安値 1.0856 

 

 (表はリフィニティブデータに基づいています)