[PR]

 [12日 ロイター] - 特別目的投資会社(SPAC)のチャーチル・キャピタルIII<CCXX.N>と米医療サービス会社マルチプランは12日、約110億ドル規模の合併で合意に達したと発表した。

 マルチプランの親会社ヘルマン・アンド・フリードマン(H&F)は、SPACの合併案件としては過去最大だとしている。

 両社の共同発表文書によると、合併後の新会社はマルチプランの名称を引き継ぎ、ニューヨーク証券取引所に上場する。また、合併はマルチプランのデータ分析プラットフォームの拡充につながるという。

 マルチプランは最大37億ドルの新株または株式関連資本を受け取り、債務を削減する。

 取引にはこのほか、13億ドル相当の普通株(1株当たり10ドル)、13億ドル相当の転換社債(1株当たり13ドル)も含まれる。

 また合意に基づき、チャーチル・キャピタルは2月の新規株式公開(IPO)での調達資金最大11億ドルを拠出する。

 合併は2020年10月末までに完了する見通し。