写真・図版ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始まる米企業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。キエフで6月撮影(2020年 ロイター/VALENTYN OGIRENKO)

[PR]

 [ニューヨーク 13日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始まる米企業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。

 主要6通貨に対するドル指数<=USD>は序盤の下げを取り戻し、終盤は0.07%安の96.538。

 ドルは先週まで3週連続下落。新型コロナウイルスの最悪期は過ぎたとの見方から、投資家はリスク通貨に向かっている。

 ただこの日は、カリフォルニア州のニューソム知事が州内の感染拡大に歯止めがかからないこと受け、全州のバーやレストランの屋内営業停止のほか、感染拡大が深刻な地域での教会、ジム、美容院などの閉鎖を再び指示した。

 このニュースを受け、ドルは地合いを回復。一方、米国株は下落した。この日の主要株価指数は、ペプシコ<PEP.O>の決算が予想を上回ったことで、朝方は上昇して始まった。14日はJPモルガン<JPM.N>など大手金融機関の決算が発表される。

 今週は14日に消費者物価指数、16日に小売売上高など、消費関連の指標が発表される。ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は、「世界の主要経済がどの程度回復の道のりを進んでいるのかが、主要指標からうかがえるだろう」とし、小売売上高のほか、新規失業保険申請件数が注目だと述べた。

 ユーロ<EUR=>は0.42%高の1.134ドル。先月末以降の上昇トレンドを維持している。今週は欧州復興基金案を話し合う17─18日の欧州連合(EU)首脳会議が注目される。

 

 ドル/円 NY終値 107.26/107.29 

 始値 107.06 

 高値 107.31 

 安値 107.05 

 ユーロ/ドル NY終値 1.1340/1.1344 

 始値 1.1328 

 高値 1.1374 

 安値 1.1325