写真・図版 7月14日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比152円87銭安の2万2631円87銭となり、反落してスタート。写真は東京証券取引所で2018年2月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 14日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比152円87銭安の2万2631円87銭となり、反落してスタート。前日の米国株式市場が軟化したことを受け、主力の輸出関連株を中心に売り優勢の展開となっている。外為市場でドル/円が円高方向に振れたことも気にされていた。