写真・図版米自動車大手フォード・モーターは4日、ハケット社長兼最高経営責任者の後任に最高執行責任者のジム・ファーリー氏(写真)を起用すると発表した。ニューヨークで2018年3月撮影(2020年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[PR]

 [4日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター<F.N>は4日、ハケット社長兼最高経営責任者(CEO、65)の後任に最高執行責任者(COO)のジム・ファーリー氏(58)を起用すると発表した。10月1日付けで就任する。

 ファーリー氏はロイターに対し、同社の事業をソフトウェアや運行管理、電気自動車の充電など関連する技術分野に拡大すると表明。「当社にとって大きな価値を生み出す可能性がある新たな成長戦略」と述べた。

 また、自動運転車について「フォードの変革につながる分野」とし、「当社の将来的なイメージに影響を与える」とした。

 ファーリー氏は2007年にフォードに入社し、新事業・技術・戦略担当責任者を務めた後、今年3月にCOOに就任した。

 ライバルと目されていたジョー・ヒンリックス氏は退社する。 

 株価は一時3%値上がりした。ハケット氏がCEOに就任した17年5月以降では約4割値下がりしている。

 ビル・フォード執行会長は、CEO人事について「ファーリー氏が適任との感触から、社外候補を検討しなかった」と明らかにした。他の人事については「特に大きなサプライズはない」とした。

 ハケット氏は来年3月まで相談役にとどまる。

 ファーリー氏を巡っては、有能なやり手と評価される一方、時として難関な言い回しを使うため会社の見通しが分かりにくいといった指摘や、会社の再編計画を急ぐ姿勢が感じられないといった声も聞かれる。

 フォードが先週発表した第2・四半期決算は、純利益が11億ドル(1株当たり0.28ドル)で、黒字額は前年同期の1億ドル(同0.04ドル)を上回った。

 *内容を追加しました。