写真・図版8月13日、日銀が発表した7月の企業物価指数(CGPI)速報によると、国内企業物価指数(2015年=100.0)は前年比でマイナス0.9%となった。都内で3日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[PR]

 [東京 13日 ロイター] - 日銀が13日に発表した7月の企業物価指数(CGPI)速報によると、国内企業物価指数(2015年=100.0)は前年比でマイナス0.9%となった。5カ月連続のマイナスとなったが、下落率は前月(同マイナス1.6%)から縮小した。

 世界的に経済活動の再開が進み、原油や非鉄金属など国際商品市況が持ち直したことが背景にある。

 個別項目では、石油・石炭製品が前年同月比マイナス19.3%、電力・都市ガス・水道が同マイナス2.5%、非鉄金属がプラス2.7%だった。

 前月比はプラス0.6%で、前月と同じ上昇率だった。

 全744品目中、上昇が500品目、下落が230品目だった。

 消費税を除くベースでは、前月比プラス0.6%だった。上昇に寄与したのは石油・石炭製品(前月比プラス6.9%)、電力・都市ガス・水道(同プラス2.7%)、非鉄金属(同プラス3.8%)など。

 前年比はマイナス2.4%だった。

 日銀の担当者は、年初以降みられた新型コロナウイルスの感染拡大による価格下落の圧力が各国の経済活動の再開により、和らいでいると説明。一方、消費税を除くベースでは前年比マイナスが続いていることから、「新型コロナウイルスの影響が企業物価指数全体の重しとなっていることは変わりない」と指摘した。

 

 (浜田寛子 編集・グラフ作成:内田慎一)