写真・図版 中国人民銀行(中央銀行)は、中国は人民元の国際化とドル決済への依存軽減に向け、デジタル通貨発行の先行者になる必要があるとの認識を示した。写真は人民元紙幣。2月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[PR]

 [上海 21日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は、中国は人民元の国際化とドル決済への依存軽減に向け、デジタル通貨発行の先行者になる必要があるとの認識を示した。

 人民銀行系列の雑誌「チャイナ・ファイナンス」の論説で明らかにした。デジタル通貨を発行しコントロールする権利は、各国間競争の「新たな戦場」になると予想している。

 その上で、デジタル通貨の発行と流通は、現在の国際金融に大きな変化をもたらすと指摘した。

 論説は「中国はデジタル通貨発行において多くの強みと機会を持っている。先行者になるため、ペースを加速させるべきだ」と主張した。

 また、人民元の国際化にとって重要として、ドルの独占状態を打破するため新たな決済システムを確立する必要があると訴えた。