写真・図版欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は21日、欧州の景気回復は不確実性が高く、かつ一様でなく、新型コロナウイルス感染拡大を巡る状況を含め、入手可能なさまざまなデータを「極めて注意深く」検証する必要があるとの考えを示した。ベルリンで11日撮影(2020年 ロイター/HANNIBAL HANSCHKE)

[PR]

 [フランクフルト/パリ 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は21日、欧州の景気回復は不確実性が高く、かつ一様でなく、新型コロナウイルス感染拡大を巡る状況を含め、入手可能なさまざまなデータを「極めて注意深く」検証する必要があるとの考えを示した。

 ラガルド総裁は講演で「現在は不確実性が高まっているため、外国為替相場の動向を含む入手可能な情報の注意深い検証が必要になる」と指摘。「回復の力強さを巡る不確実性は極めて高い。回復は一様でなく、完全なものでもない。(回復の道筋は)新型ウイルス感染状況の今後の展開、および感染拡大抑制策の成功に引き続き左右される」と述べた。 

 このほか、ECBはユーロ相場の上昇を注意深く見守っているとも表明。「ユーロ相場の上昇は、さまざまな部門に影響を及ぼす。金融政策に関連する部分では、ユーロ高で物価水準に下向き圧力がかかる」とし、「われわれはユーロの上昇を極めて注意深く見守っており、金融政策を決定する際に考慮する」と述べた。