写真・図版 9月23日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比114円41銭安の2万3245円89銭となり、反落スタートした。連休中の米国株式市場が軟調な動きとなったことが嫌気された。写真は2018年10月、東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[PR]

 [東京 23日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比114円41銭安の2万3245円89銭となり、反落スタートした。連休中の米国株式市場が軟調な動きとなったことが嫌気された。東証33業種では鉱業、証券業、不動産業などの28業種が値下がり。陸運業、小売業、サービス業などの5業種が値上がりとなっている。