[PR]

 [東京 25日 ロイター] - ニトリホールディングスは25日、2021年2月期の営業利益予想を従来の1122億円から1341億円に上方修正したと発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要で、キッチンダイニング用品やホームオフィス家具などの売り上げが伸長。また、緊急事態宣言を受けた臨時休業などで賃借料、広告宣伝費などの販売費が大幅に減少し、従来予想を20%近く引き上げた。

 売上高予想は6535億円から7026億円に、純利益予想は757億円から853億円に上方修正した。