[PR]

 [ロンドン 27日 ロイター] -イングランド銀行(英中央銀行)は27日、金融監督委員会(FPC)による四半期毎の会合のリポートを公表、住宅ローンを承認する場合に将来的な金利急上昇の可能性を考慮するよう国内行を促し、リスクのある融資を抑制する措置を講じる構えがあることを明らかにした。

 英国の住宅価格はこの1年で約10%上昇。イングランド銀によると所得に占める住宅ローンの割合が2005年以降で最も高い水準となっている。

 英国では住宅バブルが既に一部で起きているとの指摘もあり、金融監督委は市場を注視するとしている。

 イングランド銀は「市場には勢いがあるため、金融監督委が状況を注視し、必要なら適宜、一段の措置を講じる」と表明した。来月から金融行為監督機構(FCA)が、融資の実行基準を厳格化することになっている。

 イングランド銀はまた、年内に欧州連合(EU)域内での銀行ストレステストを実施する際、金利が急上昇し、住宅価格が急落するリスクを国内行に検討させると明らかにした。

 金融監督委による新たな勧告はなかったが、リスクや脆弱性に関する判断を監督委が下す場合、金利の急上昇に対する金融市場の備えが最大の懸念事項となると指摘した。