モーニングスターがレーティング(格付け)付与対象としている追加型株式投資信託4,060本について、7月2日までの過去1カ月間の基準価額の上昇率をランキングしました。上位には原油価格に連動するETF(上場投資信託)の商品指数連動型、メキシコ株式に投資をする国際株式型、米国のREIT(不動産投資信託)に投資をする国際REIT型が並びました。

 米国株式市場のダウ工業株30種平均は2018年6月1日終値から7月2日終値で1.33%下落しました。前半は、5月の米雇用統計が予想を上回る結果だったことを受け、米国株が堅調に推移したことや、米朝首脳会談で朝鮮情勢が好転するとの期待から上昇しました。後半は、米中の貿易摩擦への懸念が広がり、積極的な買いを控える動きがみられ下落しました。外国為替市場では、前半に米10年国債利回りが上昇したことを受けて1ドル=110円台まで円安・ドル高が進んだ後、一進一退となり結局1ドル=110円台後半となりました。
 基準価額の上昇率ランキングで3位の「HSBC メキシコ株式オープン」は、主としてメキシコの株式等に投資することにより、ファンドの中長期的な成長を目指して運用を行います。2018年5月末時点の業種別比率の上位は、食品・飲料・タバコ19.7%、素材17.7%、銀行15.7%などとなっています。8位の「メキシコ株式ファンド」は、主としてメキシコの金融商品取引所に上場している株式等を主要投資対象とします。2018年5月末時点の業種別比率の上位は、素材17.15%、食品・飲料・タバコ14.41%、銀行11.64%などとなっています。9位の「GS 米国REITファンドD(年1回決算型、H無)」は、米国に上場されているREITを主要投資対象とします。2018年5月末時点の業種別比率の上位は小売・商業施設20.3%、オフィス・産業用施設17.2%、住宅16.5%などとなっています。

◎基準価額の月間上昇率上位(モーニングスター調べ)

順位 ファンド名 投信会社名 評価 上昇率(%)
1 (NEXT FUNDS)NOMURA原油インデックス上場 野村アセット 12.80
2 WTI原油価格連動型上場投信 シンプレクス・アセット ★★ 10.91
3 HSBC メキシコ株式オープン HSBC投信 ★★ 9.52
4 メキシコ株ファンド 大和投信 ★★★ 8.77
5 WTI原油先物ファンド(ロング・ポジション) アストマックス 8.75
6 UBS 原油先物ファンド UBSアセット ★★ 7.39
7 野村 北米REIT投信(ペソコース)年2回 野村アセット ★★ 6.47
8 メキシコ株式ファンド カレラアセット ★★★ 6.43
9 GS 米国REITファンドD(年1回決算型、H無) ゴールドマン・サックス・アセット ★★★ 6.33
10 米国リート厳選ファンド(資産成長型) 大和住銀投信 ★★ 6.23
モーニングスター調べ。評価は★の数が多いほど高く、最高は5つ。上昇率に分配金は考慮していない。

(モーニングスター社)