モーニングスターがレーティング(格付け)付与対象としている追加型株式投資信託4,094本について、1月7日までの過去1カ月間の基準価額の上昇率をランキングしました。上位には国際株式型やヘッジファンド型などが並びました。

 米国株式市場のダウ工業株30種平均は2018年12月7日終値から2019年1月7日終値で3.52%下落しました。前半は、FOMC(米連邦公開市場委員会)で政策金利が市場予想通り0.25%引き上げられ、声明文やメンバーの金利見通しが、市場が期待したほどハト派的でなかったことなどから下落しました。後半は、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が、バランスシート縮小プログラムの変更の可能性を示唆し、市場の懸念が和らぎ上昇しました。外国為替市場では、世界景気の減速懸念や米長期金利の低下などを受けて、1ドル=108円台まで円高・ドル安が進行しました。
 基準価額の上昇率ランキングで2位の「BR・ゴールド・メタル・オープンAコース」は、主に世界の金の採掘や精錬などを行なう金鉱企業の株式を中心に投資を行います。2018年11月末時点の国別組入比率の上位は、カナダ46.1%、オーストラリア15.5%、ジャージィー13.5%などとなっています。6位の「BNYメロン・ブラジル・インフラ・消費関連株式」は、主としてブラジルのインフラ・消費に関連する企業の株式に投資を行います。2018年11月末時点の業種別組入比率の上位は、公共事業24.8%、素材15.0%、小売9.5%などとなっています。8位の「ブラックロック・ゴールド・ファンド」は、主に世界の金鉱企業の株式に投資を行います。2018年11月末時点の国別組入比率の上位は、カナダ46.5%、オーストラリア15.9%、ジャージィー13.4%などとなっています。

◎基準価額の月間上昇率上位(モーニングスター調べ)

順位 ファンド名 投信会社名 評価 上昇率(%)
1 国際のETF VIX短期先物指数 三菱UFJ国際投信 12.11
2 BR・ゴールド・メタル・オープンAコース ブラックロックジャパン 9.73
3 ノムラ・グローバルトレンド(円)年2回 野村アセット ★★ 7.72
4 ノムラ・グローバルトレンド(円)毎月 野村アセット ★★ 7.57
5 BR・ゴールド・メタル・オープンBコース ブラックロックジャパン ★★ 6.05
6 BNYメロン・ブラジル・インフラ・消費関連株式 BNYメロン・アセット ★★★ 6.00
7 WTI原油先物ファンド(ショート・ポジション) アストマックス ★★★★ 5.99
8 ブラックロック・ゴールド・ファンド ブラックロックジャパン ★★ 5.97
9 ノムラ・グローバルトレンド(アジア)年2回 野村アセット ★★★★ 5.85
10 ノムラ・グローバルトレンド(アジア)毎月 野村アセット ★★★ 5.73
モーニングスター調べ。評価は★の数が多いほど高く、最高は5つ。上昇率に分配金は考慮していない。

(モーニングスター社)