[PR]

 投資用マンション販売などを手がけるグッドコムアセット(3475)が買い先行で大幅に3日続伸。10月8日につけた年初来高値をおよそ2カ月ぶりに更新しており、午前9時29分時点では前日比177円(9.4%)高の2066円で取引されている。 10日の通常取引終了後に前2019年10月期連結決算を発表。これはほぼ予想通りの着地だったが、同時に開示した今2020年10月期の業績予想で前期を上回る大幅な増益を見込み、配当も大きく引き上げる方針を明らかにした。これらを好感した買い注文が寄り付き段階から増加した。今期は売上高304億500万円(前期比30.1%増)、当期純利益14億8200万円(同31.5%増)と前期に続いて最高益を大きく更新する見通し。年間配当は前期比14円増の61円とする方針だ。206円の予想1株利益を基にした10日終値でのPERは9.1倍、配当利回りは3.2%となり、割安感が強まった。