[PR]

 ネットワンシステムズ(7518)が売られて急落。午前10時6分時点で前週末比419円(13.42%)安の2701円で東証1部の値下がり率銘柄ランキングのトップとなっている。 当社は通信ネットワーク環境の構築を手がけ、クラウドやセキュリティ、IoTなどに強みを持つ。13日の引け後に社内で不正取引の疑義が出ている事案について外部の有識者で構成する特別調査委員会を設置したと発表しており、嫌気売りに押されている。 東京国税局の税務調査の過程で一部取引について納品の事実が確認できない取引があるという指摘を受け、社内調査で実態解明に努めてきたが、事実経緯の正確な把握はできなかったとして外部の弁護士や公認会計士で構成する特別調査委員会を設置することを決定したという。今後の対応については、同委員会の調査が迅速かつ効果的に、透明性をもって実施されるように全面的に協力していくとともに、調査結果は調査報告書を受領し次第、速やかに開示するとしている。