[PR]

 SHIFT(3697)は買い注文が続いて連日の上場来高値更新。午前11時9分時点で前日比780円(5.6%)高の1万4790円で取引されている。 当社はソフトウェアのテスト事業が主力でソフトの品質保証や関連するコンサル事業なども手がけるが、その成長性に着目した外国人や一部機関投資家からの中長期資金が断続的に流入して上値を試す展開となっている。現在集計に入っている前2020年8月期について会社側では売上高が前の期比43.4%増の280億円、当期純利益が同49.4%増の14億5000万円と見込んでいた。しかし、市場では上振れ着地を予想する投資家が多く、来2021年8月期についても純利益のアナリスト予想の平均値は23億1400万円(今期推定比51.1%増)と高い伸びが続く見込み。 また、7日にはITコンサルやERP導入支援などを手がけるホープス(東京都中央区)の買収を発表しており、足元ではこの評価も株価の押し上げに寄与しているようだ。