[PR]

 東証2部の東邦アセチレン(4093)が5連騰し、4月3日以来の株価4ケタ乗せとなった。前引けは、制限値幅上限の前日比150円(16.22%)高の1075円ストップ高買い気配となった。いったん同値で値を付けた後も買い注文が流入し、午前9時23分以降は値付かずで推移している。マドを空けての上伸に、2月24日に付けた年初来高値1099円にあと24円と接近している。 20日に発表した、2017年3月期の連結業績予想の増額修正が、ポジティブ・サプライズとなった。営業利益は従来予想の17億5000万円から21億円(前期比22.0%増)に、純利益は11億円から13億円(同23.1%増)に上振れた。自動車機器関連事業が想定を上回って伸びた。