[PR]

 ピーエス三菱(1871)が続騰し、連日で年初来高値を更新した。午後0時40分現在、前日比98円(12.45%)高の885円と東証1部の値上がり率4位に浮上している。一時、893円まであった。 9日に2018年3月期の通期連結業績予想と期末一括配当を増額修正し、好感された。営業利益は従来予想の32億5000万円から47億円(前期比27.5%増)に、純利益は22億2000万円から34億円(同28.2%増)に上振れた。期末一括配当も従来計画の12えんから16円に増額した。前期比では4円増配。土木工事の進捗が進むことが予想されるとしている、また、売上高の増加と工事採算の改善により益が増加する。