[PR]

 独立系マンション会社のフージャースホールディングス(3284)が急反発した。午後1時49分現在、前日比141円(13.48%)高の1187円と東証1部の値上がり率3位で推移している。 9日に、2018年3月期の上期(17年4~9月)連結決算を発表し、好感された。営業利益は51億7600万円(前年同期比3.6倍)、純利益33億5300万円(同4.2倍)で着地した。据え置きとなった通期計画の営業利益65億円(前期比16.3%増)、純利益39億円(同16.2%増)に対する進捗率が営業利益で79.6%、純利益で86.0%に達することから、通期計画の増額修正期待が台頭した。野村証券では、9日付で投資判断「バイ(買い)」を継続したうえで、目標株価を1200円から1400円に引き上げた。