[PR]

 三菱商事系の新興コンサルティング会社のシグマクシス(6088)が急落した。午後2時25分現在、前日比258円(14.17%)安の1563円で推移している。東証1部の値下がり率トップ。 22日に公募増資と株式売り出しを発表し、株式需給の悪化と1株利益の希薄化を懸念した売りに下押している。筆頭株主の三菱商事(8058)が保有株全株式673万2000株を売り出す。この売り出しに伴い議決権ベースで32.95%の株式を保有していた三菱商事の保有株はなくなる。売出価格は5月29日から6月1日までの間のいずれかの日に決定する。会社側は、「当社と三菱商事との資本関係はなくなりますが、引き続き当社の重要なお客様並びにビジネスパートナーとしての関係は継続する」としている。このほかオーバーアロットメントにより上限100万9800株の株式売り出しと第三者割当増資100万9800株を実施する。