[PR]

 防護服販売事業を展開している東証2部のアゼアス(3161)が大幅高した。午後1時11分現在、前日比26円(4.36%)高の623円で推移している。一時は673円まで上伸した。 13日に前2018年4月期連結決算と今19年4月期業績予想を発表し、好感された。前18年4月期の営業利益はその前の期に比べ26.0%増の2億1100万円で着地した。従来予想を1100万円超過した。防護服・環境資機材とたたみ資材が減収・減益だったが、アパレル資材が好調だった。今19年3月期の営業利益は2億8200万円(前期比33.4%増)を見込む。防護服・環境資機材の商品開発機能を強化する。また、ホシデン(6804)と共同でリストバンド型の作業者向け身体状況モニタリングシステムを展開していくことも発表し、買い材料となった。