[PR]

 フィッシング用品の販売卸でジャスダック上場のティムコ(7501)が4日続伸した。一時は制限値幅上限の前日比100円高の725円ストップ高を付け、1月22日の年初来高値635円を更新した。午後1時05分現在、同37円(5.92%)高の662円で推移している。 11日発表の2018年11月期上期(17年12月~18年5月)の単体決算を好感した。営業利益は6100万円(前年同期比7.6倍)となり、通期計画の4900万円を超過したため、同計画の増額修正期待が高まった。ルアー(疑似餌)やフィッシングロッド(釣竿)などの新製品投入効果やインターネットを活用した動画配信など販促活動が奏功した。アウトドア事業でも冬場の低温傾向によりジャケットなどの防寒重衣料の販売が好調に推移した。値下げ販売の実施で利益率は低下したが、経費の削減に努めた。