[PR]

 プロジェクター用照明や精密印刷装置、技術者派遣事業などを展開しているヘリオス テクノ ホールディング(6927)が続騰した。朝方から値付かずのまま推移し、午後0時37分現在、制限値幅上限の前日比150円(17.24%)高の1020円ストップ高買い気配となっている。 前日11日午後0時45分に、連結子会社のフェニックス電機が産業技術総合研究所やサイアロン(茨城県つくば市)と共同で、近紫外から近赤外光の広帯域の波長のLED(発光ダイオード)素子を世界で初めて開発したと発表、ストップ高となった余勢を駆っている。発光波長や強度が安定しており、今後、医療・分析・科学計測から民生機器など広範な産業分野で、新たなメンテナンスフリーの小型・省エネ光源として普及していくことが期待されるとしている。