[PR]

 美容サロン向け顧客管理システムや集客支援アプリを手掛けているジャスダックのティビィシィ・スキヤツト(3974)が急反落した。午後1時14分現在、前日比128円(8.09%)安の1455円で推移している。一時は1445円まであった。 11日に2018年10月期第3四半期(17年11月~18年7月)業績を発表した。営業利益は1億2900万円(前年同期比2.0倍)、純利益8100万円(同2.6倍)で着地した。ただ、5~7月期に限ってみれば、営業利益2300万円(同11.5%減)と減益を余儀なくされており、足もと急減速を嫌気した。同時期の純益は1300万円(前年同期並み)にとどまった。美容サロン向けICT事業で入れ替え時期が到来している中規模サロンの買い替え案件が鈍化している。ネットワーク連結の構築などシステム開発に着手したことも響いた。通期計画は据え置き。