[PR]

 ソフトウェアテスト事業を展開している東証マザーズのSHIFT(3697)が急騰した。午後1時19分現在、制限値幅上限の前日比700円(18.81%)高の4420円ストップ高買い気配で推移している。 10日に2019年8月期の上期(18年9月~19年2月)の連結業績予想を増額修正し、好感された。営業利益は従来予想の2億5000万円から4億円(前年同期比26.1%減)に上積みした。第1四半期(18年9~11月)に注力業界の金融業界向けを中心にソフトウェアテストの受注が拡大した。高付加価値サービスの増加で受注単価も上昇し、営業利益は3億1800万円(前年同期比36.9%増)で着地した。増額修正した上期計画に対する進捗率が高く、再増額修正期待が強まった。