[PR]

 ヒト成長ホルモン製剤が主力事業のJCRファーマ(4552)が大幅反発した。一時は8530円まで上伸し、19日に付けた上場来高値8350円を更新した。午後0時32分現在、前営業日比200円(2.46%)高の8330円で推移している。 20日に、キッセイ薬品工業(4547)と共同開発した持続型赤血球造血刺激因子製剤「ダルべポエチン アルファBS注『JCR』」の国内製造販売承認を取得したと発表し、買い材料視された。同剤は腎性貧血治療での新たな選択肢として提供していく方針。JCRが製造し、医療機関への医薬情報提供や薬価基準収載後の販売はキッセイが行う。なお、期初計画に織り込み済みで2020年3月期の連結業績予想数値に変更はない。