[PR]

 ミートボールやハンバーグなど食品加工品主力の東証2部の石井食品(2894)が急騰した。一時は制限値幅上限の同80円高の282円ストップ高まで上伸し、連日で年初来高値を更新した。午後1時53分現在、前日比52円(25.74%)高の254円で推移している。 17日に、プラスチックの代替となる新素材「LIMEX」の開発・製造を手掛けるTBM(東京都中央区)と環境負荷低減に向けた基本合意を締結したと発表し、買い材料視された。今回の基本合意に基づき、「イシイのおせち料理2020」のトレーの一部にLIMEX製を採用する。今後は、当社主力製品の「おべんとクン ミートボール」などおべんとクンシリーズや「チキンハンバーグ」などの食品包装(軟包材)を2021年までにLIMEX製に切り替えていく。LIMEXは炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む日本発の複合新素材。