[PR]

 複数の求人ポータルサイトの情報を集約し、一括検索・応募できるサイトを運営しているキャリアインデックス(6538)が3日ぶりに急反発した。午後2時46分現在、制限値幅上限の前日比80円(20.78%)高の465円ストップ高買い気配で推移している。東証1部の値上がり率トップ。 17日に、リブセンス(6054)から「DOOR 賃貸事業」を譲り受け、新たな事業を開始すると発表し、買い材料視された。M&Aによる新規事業参入で収益拡大を期待している。同事業はリブセンスが2010年から運営を開始した成功報酬型の賃貸情報サイトで、不動産ポータルサイトから提供された不動産賃貸情報をユーザーとマッチングし、送客する。当社が人材関連サイトで培ってきた集客ノウハウを新事業でも展開することで、さらなる成長を見込むとしている。事業譲受日は12月1日。リブセンスが17日に発表した事業譲渡益からみて、譲受金額は17億5000万円。