[PR]

 デイサービスなど在宅看護や有料老人ホーム、人材派遣事業を展開しているツクイ(2398)が6連騰した。午後0時37分現在、前日比65円(14.01%)高の529円と東証1部の値上がり率3位で推移している。一時は制限値幅上限の同80円高の544円ストップ高まで上伸した。 11日発表の2020年3月期上期(19年4~9月)の連結営業利益は18億1200万円(前年同期比26.9%減)と減益で着地したが、従来予想の17億1800万円から上振れたことを好感した。19年3月期第4四半期(19年1~3月)の営業利益5億0300万円を底に利益が回復傾向にある。上期は主力のデイサービス事業が伸びたほか、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの事業も堅調だった。通期計画は据え置き。