[PR]

 乳幼児向け知育玩具の企画開発を行っているジャスダックのピープル(7865)が9日ぶりに急反落した。午後2時07分現在、前日比174円(11.88%)安の1291円で推移している。一時は1220円まで下落した。 2日に従来「非開示」だった2020年1月期通期の連結業績予想を公表し、嫌気された。営業利益は2億1600万円(前期比50.0%減)、純利益1億4300万円(同49.8%減)と大幅減益を見込む。夏季商戦以降、国内販売の一般玩具平均で前年を下回る厳しい状況が続いたとしている。特に国内では抱き人形市場の著しい回復が見込みにくく、引き続き厳しい状況を予想している。また、業績低迷が続く米国子会社を解散・清算する。