[PR]

 新規開発化合物の導出事業を展開しているジャスダックのラクオリア創薬(4579)が3連騰した。前引けは、前日比123円(9.86%)高の1370円となった。一時は1437円まで上伸した。 27日に韓国のCJヘルスケア(ソウル市)に導出した胃食道逆流症治療薬「tegoprazan」について、中国の第三相臨床試験で主要評価項目を達成したと発表し、買い材料視された。中国のサブライセンス先のLuoxin社が今回の試験のすべてのデータの詳細な解析を実施し、中国で新薬承認申請を行うとしている。当社は中国での上市に向け連携を強めるとしており、収益寄与を期待した動きとなった。ただ、株価は1500円近辺を軸にしたモミ合いが継続しており、好材料浮上にもモミ合い上放れには至らなかった。