[PR]

 臨床検査薬大手の栄研化学(4549)が大幅反発した。午後1時43分現在、前日比80円(4.34%)高の1972円で推移している。一時は1989円まで上伸した。 本日午前10時30分に、体外診断用医薬品で新型コロナウイルスの検出試薬キットについて、厚生労働省に検体種に唾液を追加適用する一部変更申請を行い、2日に承認されたと発表し、買い材料視された。同日、厚生労働省は通知により、唾液についても公的医療保険適用の対象とした。同キットは、発売以来、全国の病院、検疫所、地方衛生研究所、保健所、民間検査機関などで採用されているが、当社としては今後も安定供給に努めると同時に、同ウイルス感染症の第2波、第3波に備えて、供給体制を整備していくとしている。