[PR]

 トヨタ自動車(7203)に売りが先行。9時30分時点では前日比38円(0.5%)安の7435円付近で推移している。前日は1ドル=113円台の円安を背景に当社を含め自動車株が軒並み買われたが、これまで4連騰していたこともあり、きょうは上昇一服の展開となっている。 日経平均株価が2万3000円の節目を前に足踏み状態となっており、東証1部の主力銘柄である当社株への買い気も薄いようだ。ただ、当社株の需給環境は好転しており、直近の7月2週の信用残は売りが122万4700株に対し、買いが203万9000株で信用倍率は1.66倍。前週の2.09倍よりも低下している。 きょうはドル円レートも113円を割り込んで、112円70銭付近で推移しており、輸出銘柄を積極的に買う動きにはなっていない。