[PR]

 アドバンテスト(6857)など半導体関連株に反転機運が見え始めた。当社株は10時時点で前日比54円(2.2%)高の2441円で4日ぶり反発。東京エレクトロン(8035)は245円(1.4%)高の1万7145円で5日ぶり、SCREENホールディングス(7735)も220円(3.1%)高の7300円で7日ぶり反発となっている。 特に個別材料は確認されていないが、前日の米国市場で半導体市況を表すSOX指数が1%強の上昇で4日ぶりに反発。クアルコムなど半導体株の一角に資金が戻り始め、その動きが東京市場にも波及していると思われる。 東京エレクは9月7日、SCREENは9月10日に年初来安値まで売られており、それぞれ25日移動平均線からの下方への乖離率は7.4%、8.4%と大きめ。このため、きょうは値ごろ感からの押し目買いが入っているようだ。