[PR]

 東証1部上場の医薬品・医薬原料商社、イワキ(8095)が高い。10時30分時点では前日比35円(6.94%)高の539円付近で推移。9時9分には547円まで買われ、年初来高値を更新している。チャート上ではマドを開けての急伸。 前日発表した今2019年11月期第2四半期累計業績予想の修正が好感されているようだ。売上高は変更しないが、営業利益は従来予想比45.8%増の12億5000万円(前年同期実績8億5700万円)、純利益を33.8%増の8億7000万円(同6億1700万円)とした。高薬価品や電子・機能性材料の販売が大きく伸長しているという。 通期見通しは据え置くが、「修正が必要な場合には速やかに開示する」としており、これも今後への期待感につながっているようだ。