[PR]

 東証1部上場で100円ショップを展開するワッツ(2735)が冴えない。10時40分時点では前日比8円(1.3%)安の608円付近と売りが先行している。9時1分には606円まで売られ、9月11日に付けた年初来安値605円に迫る場面もあった。前日の取引終了後、集計中の前2019年8月期業績予想の減額修正を発表し、これが嫌気されているようだ。 19年8月期売上高は従来予想比1.2%減の513億9900万円(18年8月期実績494億8000万円)、営業利益は22.1%減の7億1600万円(同10億円)、純利益は73.9%減の7000万円(同6億3300万円)になる見通し。上期は100円ショップの売り上げが堅調だったが、下期は苦戦した。さらに最低賃金上昇による人件費増加、出店競争に伴う家賃の上昇によるコストもかさんだという。 また、従来は15円としていた期末一括配当は10円に減額するという。