[PR]

 東京個別指導学院(4745)に買いが先行。11時時点では前日比22円(2.5%)高の901円と強い動きをみせている。前日の取引後、今2020年2月期上期(19年3~8月)決算を発表しており、これがポジティブに取られているようだ。 上期売上高は前年同期比3.7%増の98億2000万円、営業利益は1.3%増の5億8600万円、純利益は15.8%減の3億5500万円だった。在籍生徒数の増加や授業料の増収で売上高が堅調に推移したうえ、広告宣伝費の抑制でコストが効率化できたという。純利益の減益については前年同期に法人税還付があった反動といい、事実上の増益と言えそうだ。 通期見通しは据え置いた。