[PR]

 東証1部上場でデイサービスなど在宅介護を手掛けるツクイ(2398)が大幅反発。午前11時20分時点では前日比43円(7.3%)高の630円付近で強い動き。チャート上では大陽線を立て、昨年12月26日に付けた直近高値635円に迫る勢いをみせている。 前日の取引終了後、2019年12月度の介護サービス利用者数を発表。19年12月は18年12月比2.9%増の6万5119人だった。サービス利用者数は2020年3月期に入ってからこれまでの全月で対前年同月を上回っており、これがポジティブに取られているようだ。訪問介護サービスはやや減少したが、デイサービスが伸び、全体の利用者増につながった。 顧客単価も18年12月の8万0297円に比べ、3.7%増の8万3265円に伸びた。