[PR]

 ジャスダック上場で介護製品を手掛ける幸和製作所(7807)が急落。12時50分時点では先週末比354円(23.6%)安の1146円まで売り込まれている。10日の大引け後に今2020年2月期業績予想を減額修正し、嫌気されているようだ。 通期売上高を従来予想の61億4000万円から59億0600万円に3.8%の減額。営業損益は1億5000万円の黒字予想から1億2600万円の赤字予想に、最終損益も2億1800万円の黒字から3億5800万円の赤字に改めた。従来8円を予定していた期末配当を無配とした。介護保険制度での軽度者を対象に新規顧客獲得を目指したが、経営資源不足で目標未達だったという。