[PR]

 仮想移動体通信(MVNO)の日本通信(9424)が後場に入り、急伸。13時45分時点では前日比10円(5.7%)高の184円と人気化している。前引け後に自社製SIMを米国で発売したと発表しており、材料視されているようだ。 会社側リリースによると、今回のSIMは日本通信がメーカーから調達し、新たな機能を追加。例えば、1年目には携帯事業者A社の携帯網を使い、2年目はB社の携帯網にスイッチすることが可能になるという。また、SIMにローカル基地局の認証情報と携帯キャリア基地局の認証情報を書き込むことで、1枚でローカルと携帯キャリアの両方を一体として使えるようになる。