[PR]

スタジオアリス(2305)が強い動き。13時時点では前日比75円(4.3%)高の1806円付近でしっかり。チャート上では大陽線を立てて買われ、2月下旬以来およそ8カ月ぶりの高値圏で推移している。前日にこれまで非開示だった今2021年2月期業績予想を開示しており、これがポジティブに取られているもよう。今期売上高予想は347億円(前期比10.7%減)、営業利益は21億円(同35.3%減)、純利益は6億円(同50.4%減)とした。期末一括配当も前期と同じ50円を見込む。前期に比べると大幅な減収減益となるものの、第1四半期(3~5月期)で業績が底打ち感を示しているといい、通期ベースでは黒字を確保できるという。同時に発表した第2四半期累計(3~8月期)決算は、売上高が前年同期比22.8%減の136億3100万円、最終損益は9億8000万円の赤字(前年同期は6600万円の赤字)。