現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 株式・投信
  5. 東洋経済兜町特捜班
  6. 記事

ソケッツは1Q好決算で直近IPO株人気を高めて続伸

2009年7月27日9時49分

 ソケッツ(3634・M)は、270円高の7400円と続伸している。前週末24日に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算が、初作成のため前年同期との比較はないが、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対して高進捗率を示したことを手掛かりに直近IPO(新規株式公開)株人気を高めている。同社の1Q業績は、売り上げ7億2000万円、経常利益1億3000万円、純利益7500万円となり、2Q業績に対する進捗率は、売り上げが60%、経常利益が71%、純利益が75%といずれも目安の50%を上回った。携帯電話向け音楽情報の検索サービス事業者として、音楽・映像の開発や、運用・保守事業が続伸し、同事業拡大に伴ってライセンス・広告収入も増加、さらに会員メールサービス「デコガール」の占いやクッキイングの新コンテンツサービスなども収益化したことなどが寄与した。2Q・3月通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は2億5000万円(前期比28%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。株価は、今年4月に公開価格4400円で新規上場され、8000円の初値のあと8400円まで買い進まれたが、上場人気の反動で4830円まで調整し、7月17日に新規上場の同じIT関連のクックパッド(2193・M)に連動して大きく戻した。クックパッドの高株価への連想も働き最高値再挑戦に弾みをつけよう。

投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
東洋経済新報社
Copyright TOYO KEIZAI INC. All rights reserved.著作権は東洋経済新報社に帰属します。無断転載を禁止します。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内