現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 株式・投信
  5. 東洋経済兜町特捜班
  6. 記事

省電舎が反発、省エネ税制優遇に乗り今期2ケタ増収

2009年8月26日12時19分

 省電舎(1711・M)が、5000円高の17万5000円と反発している。直近のボトム水準の16万円台に接近し値ごろ感が出ている。また、24日(月)には商いが不成立となるなど、売り物が途切れていることもある。同社はエネルギー削減を保証するビジネス(=エスコ事業)の草分け。売上規模はまだ20億円弱程度だが、政府による省エネ投資への補助金、税制優遇等で時流に乗る。今9月期は13.1%増収、営業利益は前期まで2期間赤字だったが、今期5000万円と黒字に転換する。今後もCO2削減に向けた法制による義務付けが明確化していることを受け、業績の伸びに期待がもてる。年初来の高値は4月につけた26万9000円。チャートの形が「三角保合い」型の煮詰まりとなっているため狙ってみたい。

投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
東洋経済新報社
Copyright TOYO KEIZAI INC. All rights reserved.著作権は東洋経済新報社に帰属します。無断転載を禁止します。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内